2017年5月28日日曜日

カミにはミンク

昨晩、羅臼は大雨が降り
雷が鳴り響いておりました....
天気が回復することを祈りながら
本日、外を見ると雨は止んでおりました!

午前の便、
曇天の中出航しました。
シャチの情報はなく、上(標津)方面へ向かい、ミンククジラを探しました。
ポイントに着き辺りを見回すと複数頭のミンククジラが浮上
スッと姿を現し、方向を伝える時にはもう姿が見えないミンククジラ
なかなか見えるように、伝えるのが難しいですね

ミンククジラを観察していると、
丁度、新造船の進水式で大漁旗をたくさん掲げた船が出航してきました
この大漁旗は、贈られるものだそうです。
旗をなびかせ音楽を流して進む新しい船。
とてもかっこよかったですね〜

昼便が帰ってきてから
新造船も帰港し、餅まきが開催されました!
当社スタッフも参加しました!
袋を手に、やる気満々の小林です↑
先ほど沖で会った大漁旗を掲げた新造船が入港し、係留すると
餅まき開始です!
餅が宙を舞っています笑

先ほど意気込んでいたスタッフ小林は
なんと18個も拾いました!
とても嬉しそうですね^^

そして、午後の便
太陽と青空が姿を現し、とてもあたたかくなりました。
風も止み、べた凪。
いたるところにミンククジラの背中が見られました。
知床連山は残念ながら見られませんでしたが
たまに雲の隙間から羅臼岳が見えましたね
イシイルカを探して沖に出るも
ミンククジラだらけでしたね〜
離岸堤にはいつも通りオジロワシが留まっておりました。
沖ではハシボソミズナギドリの小群れ、アジサシ、シロエリオオハム、
ウトウ、ヒレアシシギ類が見られました

明日もコンディションの良い中出航予定です!!
様々な生き物に出会えることを祈ります!


2017年5月27日土曜日

ギリギリでシャチ

本日もすっきりとしない天候でしたが
朝からシャチの情報があり、
期待しながら船の準備を進めておりましたが
出航する頃にはその群れが国後側に行ってしまったとのことでした....

出航してすぐ姿を現してくれたのは
最近姿を見るのが少なかったイシイルカ!
結構な頭数泳いでおり、
船にもついてくれました!
イシイルカは船首波にのることが多く、
船の先を右へ左へジグザグと泳ぎます

とても素早いイシイルカは写真に撮るのが難しく
大体が通った後の水しぶきのみ写っている状況になります
ほとんど水面から体を出さないイシイルカですが
タイミングが合えば白黒ボディーが映ります
その後、羅臼側に2頭のシャチがいるとの情報をいただきました!
ありがとうございます。
国後側へゆっくりと向かっているとのことで
急いで向かいました!!

するとギリギリ間に合いました〜
警戒心の強い2頭でしたが、
アイパッチもしっかり確認でき、お客様もシャチだ〜と喜んでおられました^^

現場も遠く、時間もギリギリだったので
少しの間観察し、帰港となりました。
色々とギリギリでしたが見れて良かったですね〜

そして午後の便。
港を出てすぐイシイルカが姿を見せてくれました
ミンククジラを探しに上(標津方面)へ向かうと
雨が降ってきました。
雨の中、他船と協力しながら数頭のミンククジラを観察することができました
最初はお客様も「どこ?」となかなか見つけられずにおりましたが
目が慣れてくると指をさして方向を教えてくれましたね^^

曇天、雨の中
様々な生物に出会うことができました。
明日も良い出会いがあることを祈ります!!


2017年5月26日金曜日

シャチ情報有り、しかし高波強風

朝から嫌な風が吹いており
クジラの見える丘公園に6時半くらいに行ってみると
辺りは一面白波......

手前に白波が見えると思います。
そして奥の方は黒っぽくなっておりますが、
こちら、波がある証拠なんです。
出航時間までに収まることを願っておりましたが、
風は止まず敢え無く欠航.....
ご予約いただいておりましたお客様、申し訳ございません。

10時前くらいに
沖に調査で出航している船よりシャチがいたとの情報!
日露中間地点より順調に羅臼港方面へ近づいているとのこと。
昼頃には羅臼港近くに来ていたとのことで
早めに出航しようかというところで欠航が決定.....
折角のシャチ情報、
見せることができないのはなんとももどかしいものですね。

朝は雲で見えなかった羅臼岳も
夕方頃にはくっきり見えておりました。
明日は午後から雨の予報となっておりますが
出航できることを祈ります!

〈お知らせ〉
国道334号知床横断道路(知床峠)が
本日5/26(金)8:00より終日全面開通となりました!

天候などにより変更となる場合がございますので、
詳しくは、北海道地区道路状況を確認ください.






2017年5月25日木曜日

ミンク群れる

本日もすっきりしない天気でたまに雨が降ったりと
非常に寒い一日となりました。
そんな天候の中、午前午後ともに出航しました。

両便ともにたくさんのミンククジラを観察することができました!
午前の便。
ハシボソミズナギドリの小さな群れを発見
ゆっくりと近づくと
パタパタと水面を走り飛んで行きました
鳥の群れがいるところにはミンククジラが浮上することが多いので
周りを見てみると、
いたるところにミンククジラが浮上。
一度ミンククジラを観察できると、お客様も発見が早くなり、
あっちにもいる!こっちにもいる!と指差しておりましたね^^

鳥が好きなお客様も多く、
特に人気が高かったのが、こちらのアカエリヒレアシシギ
首回りが赤〜褐色のような色で
綺麗だった!と感動しておられましたね^^

午後の便、
かなりガスが濃くなり視界は非常に悪かったです....。
その中で見つけることができるか心配でしたが、
たくさんのミンククジラが姿を見せてくれました!
視界が悪かったので、ブローの音でどこにいるのかが分かるのもしばしば...笑
船をとめると、「ぶふぉー」という音がよく聞こえました

本日のミンククジラは群れをなしており、
多い時で5頭一緒に泳いでおりましたね^^
頭数が多いためか、
ミンクの方から船に近づいてくることも多かったです。

一度、船の真後ろ。
スクリューに当たってしまうのでは...?という距離に浮上したミンククジラ。
あまりに近すぎて写真には撮れませんでしたが、
お客様からの悲鳴に似た歓声もあがりましたね笑

普段、そんなに近くない距離でスッと現れスッと潜るミンククジラ。
シャチが寄ってくるような距離でみたミンククジラはやはり非常に大きかったですね
白いのは船のレーダーで、
本日二番目に近かった時のミンククジラの写真です。
体の模様もしっかりと見えましたね
このように背中をぐっと丸めると
少し深く潜ります。
ミンククジラは、マッコウクジラのように40分と長い潜水をすることはほぼないので
再び息をするために数分で浮上します。

ガスが濃く、知床連山や国後島などの景色は全く見えませんでしたが
その中のクジラはとても幻想的でした。

明日の予報は今日と同じような天候です。
ガスが出ず視界の良い中、たくさんの鯨類に出会えますように!!

〈お知らせ〉
国道334号知床横断道路(知床峠)が
5/26(金)8:00〜終日全面開通となる予定です。

天候などにより変更となる場合がございますので、
詳しくは、北海道地区道路状況を確認ください.


2017年5月24日水曜日

雨上がりに

今日も朝から雨が降り続いており
非常に視界は悪かったです。

午前の便は人数が集まらなかった為
需要のあった午後の便のみの出航となりました。

出航してすぐ
ハシボソミズナギドリの群れが見られました。
数はとても多く、川のようにながーーく続いておりました。
ミズナギドリたちは北の方面へ飛んでいたのですが、
その群れの列が終わることがなく、ずっと続いておりました。

ミズナギの群れと船の間にはミンククジラが浮上
なんだか小さめのミンククジラでしたが、
すごく近くに浮上してくれましたね

その後、
他船より情報をいただき
5日ぶりにシャチに出会うことができました!
久しぶりの黒い背びれ。
シャチ達は一列に並んで、非常にゆーっくりと泳いでおりました
方向を頻繁に変えながら
ぐるぐると泳いでおりました。
たまにこちらを気にする様子も見られました
船のすぐ側を何度も通ってくれて
お客様も大喜びしてくださいましたね
シャチの近くにはヒレアシシギも見られました
そのあと、シャチ達は日露中間ラインより国後側に泳ぎ去って行きました
明日も来てくれることを祈ります!

港に戻ると今日もオジロワシが留まっておりましたね
帰ってきたところでしとしと雨が降りだし、
タイミングが良かったですね^^

明日も2便出航予定です
たくさん鯨類に出会えますように!!

2017年5月23日火曜日

ミンク祭り

本日は朝から肌寒い中での2便出航となりました。

海上を見渡すとあちらこちらにハシボソミズナギドリの群れがとびかっていました。
ここ数日よく見られておりますね。
羅臼の海に遅い春の訪れを感じます。


また、周辺には数頭のミンククジラも浮上しておりました!


海鳥達が集まる海面下には、多くの魚やプランクトンが生息しています。
それらを狙っているのか、自然とこの時期は鳥の群れの側にクジラが見られることが多いです。

また、船のすぐ真横にミンククジラが浮上することもありました!
一瞬の出来事だったので撮影のタイミングが遅れてしまいましたが…泣
この黄色い囲いの中に、全身が透けて見えるほどの距離にいましたよ!
運よく目撃されたお客様達は声をあげて大興奮されておりました♪
(よーーーく目をこらして見ると、うっすら見えてくるかもしれません 笑)


帰る頃には沖合の霧はだいぶ晴れ、代わりに羅臼の岸に雲が一文字状に固まっていました。
羅臼の海はすぐに天気が変わるため、短時間で様々な光景が見られます。



午後便では再びミンククジラ、加えてイシイルカにも出会うことができました!



しだいに波もほぼなくなり、つるりとしたベタ凪の中でのクジラ観察。
お客様達もスタッフに負けじとたくさんクジラを発見されておりました^ ^
クジラの呼吸音もよく聞こえていましたね!


皆様寒い中本当にお疲れ様でした!
風邪を引かれないように今夜は十分に温まってお過ごしくださいね。

明日も多くの生き物に出会えますように…



2017年5月22日月曜日

Bird Watching

朝から、とても凪は良かったのですが
雨が降り続いておりました。
その雨は出航している間、降ったり止んだりを繰り返しており
視界は悪かったです

午前便、天気はとても悪かったのですが
知床連山は山頂まで見えましたね
山頂近くの雲がオレンジ色になっており
日の出のような夕日のような景色に見えました

雨の中生き物を探し続けましたが
なかなか見つからず.....
凪はいいので浮上したらすぐにわかる筈....と思いながらも
探し続けました。

途中にハシボソミズナギドリの小さな群れも見られました
雨が降る水面に走るハシボソミズナギドリです。

帰り航海にてやっとのことでイシイルカを観察することができました
かなーーり陸近くにいました。

そして午後の便
べたーっと凪て、とても綺麗な景色でした。
こちら他船より撮影してくださった山並みとカムイワッカ号です
とても綺麗ですね!
いつもありがとうございますmm

出航してすぐハシボソミズナギドリの大群の黒い帯が見えました
ジグザグに浮いており、川のようでした。
一斉に飛び立つ時、水面を蹴る音が「ばたばたばた!」と聞こえ
とても迫力があります。
今年もたくさん集まってきてくれましたね〜
これからもっと羽数も増えてくると思います。

そしてミズナギの群れの近くには
ミンククジラが複数頭浮上
ミズナギドリの餌となるオキアミやそのオキアミを食べる魚などを
餌とするミンククジラ。
ミズナギドリが集まるところに浮上する確率が高いです

イシイルカが休んでいる姿も見られました
本日の午後はゆっくりしたかったのか、
水しぶきをあげて走ることはありませんでした。

とても凪のいい中、出航となりましたが
雨が一日中降りました。
明日は天気のいい中出航できることを祈ります!

2017年5月21日日曜日

荒れ模様

本日午前の通常便は
当社が臨時便などで運航する
カムイワッカ33号にて出航しました!

そして通常羅臼にて運航している
カムイワッカ0号は1時間の短いコースで出航
10:00に出航する時には
風が強く、白波が少々目立ちました。
1時間コースでしたので、
港近くにて鯨類を探しました
ですが、なかなか見つからず....
ちらほらハシボソミズナギドリが飛んでおりました
遠くにミンククジラを発見したのですが、
近づいても再浮上を確認できず....

陸に近付き、羅臼のざいもく岩を観察しました
正式には「柱状節理」と呼ばれ、
岩が柱状に見えることからそう呼ばれています。
ざいもく岩は羅臼唯一の柱状節理です。

この上には、
紅白の灯台があり
「クジラの見える丘公園」があり、
毎朝、ガスがかかっていなければ
ここで沖を観察します

午前便の帰港の際は、
「てしお」が出航してきました
近くで見ると、改めてとても大きな船だと感じました。
総トン数500t、砕氷型巡視船です。
流氷を砕くことができる船は日本に二隻しかなく
その内の一隻が羅臼港にあります。

冬には流氷がきますが、その中に漁船が出航し、漁をします。
その際、流氷に閉じ込められてしまうことがあるので
救助に出動したりします。

離岸堤にはオジロワシの姿も
午後の便もかなり白波が目立つ中
2時間半いっぱい生き物を探しましたが見つからず....

波に隠れてしまっていたのか、
どこかへ行ってしまっていたのか.....
明日は帰ってきてくれることを祈ります!!